廃墟に乞う

廃墟に乞う

廃墟に乞う

こういう小説で、連続短編になっているのは新鮮でした。

スラスラ読めるし読後感も割といいです。