「コンピュータ」カテゴリーアーカイブ

囲碁きっず今日の問題プラグインの競合問題

この記事の内容は古くなっています。
「囲碁きっず今日の問題プラグイン」が使えます。
使う場合は、コメントで連絡いただけると嬉しいです。
———————————————————————————–

「囲碁きっず今日の問題プラグイン」が「WordPress plugin for maxiGos」と競合する問題がありました。

いろいろ考えたのですが、そう簡単に解決しそうにないので、プラグインを諦めて、Wordpress plugin for maxiGosに乗っかることにしました。

  1. WordPress plugin for maxiGosをインストールします。
  2. 以下のZIPを展開し、pluginフォルダに追加します。
    http://ino.xrea.jp/sgf/plugin/mgoskids.zip
    設置場所はこの辺り。
    wordpress/wp-content/plugins/maxigos_wp_plugin/_maxigos/_mgos
  3. 設置したい場所に、以下を記述。(全部半角記載しますが、以下は大カッコを全角にしています)
    [gos cfg=”kids”][/gos]
  4. ウィジェットに設置する場合は、テキストウイジェットに3の記述をして、かつ、以下を参考にショートコードを有効にして下さい。
    http://www.weblogy.co.jp/wptech/entry-126/

ちょっと手順がややこしいですね。

囲碁きっず今日の問題(WordPressプラグイン)

囲碁きっず今日の問題をWordPressのプラグインにしてみました。(右に表示されているものです)

かなり怪しい出来ですが、とりあえず、こちらに置きました。

http://ino.xrea.jp/sgf/plugin/KidsProblem.zip

ダウンロードし、プラグインをインストール、有効化すると、「囲碁きっず今日の問題」というウィジェットが現れます。

あとは、好きなところに配置すればOKです。

maxiGosの使い方(9)

maxiGosはhtml5のcanvasで碁盤を再現するので、拡大縮小に強いのです。
responsive.cssを読み込んでおくと、スマホやタブレットでもいい感じに表示してくれます。
_maxigos/_sample/classic/responsive.css

せっかくなので、ここのwordpressのテーマもresponsiveなものに変更して、maxigosのresponsive.cssも読みこむようにしてみました。

maxiGosの使い方(8)

maxiGosのeditorのヘルプファイルを翻訳しました。
自分の英語力は中学生程度なので、翻訳精度は保証しません(^_^;
以下、適用方法です。

<スタンドアローンのjavascriptだけでいいという方>
1.  _maxigos/_helpにこのファイルを置いて下さい。
2.  maxigos-edit.jsをこれに差し替えてください。

<きちんと動かしたい方>
1.  _maxigos/_helpにこのファイルを置いて下さい。
2. _maxigos/_mgos/_cfg/edit.cfgの45行目辺りに以下を追加

3. _maxigos/_alone/aloneMaker.phpをブラウザから実行
(権限の問題がなければ、_maxigos/_alone以下が更新されるはずです)

うまく行けば、こんな感じになります。
#作者に送りたいのですが、連絡がつかないのが残念。

maxiGosの使い方(7)

今回は、外部からsgfをロードする方法です。
おそらく、標準のものにはsgfをロードするメソッドがないので、作ってみました。
mgosSgfLoader.js
#かなり適当なので、自己責任でお使い下さい。

maxiGosのjavascriptをロードした後に、mgosSgfLoader.jsをロードして下さい。
碁盤(mxG)にloadSgf()というメソッドが追加されるので、引数にsgfの内容を書いて下さい。

サンプルはこちらです。
テキストエリアにsgfを入力してボタンをクリックすると、碁盤に反映されると思います。

maxiGosの使い方(6)

maxiGosは、javascriptで外部からいろいろと操作ができます。

碁盤(mxG)はmxD配列に格納されるようです。
一つ目の碁盤は、mxD[1]になります。
操作するには、mxDに対して碁盤(mxG)のメソッドを呼べばいいわけです。
例えば、mxD[1].doNext()とすれば、一手進めることができます。

使えそうな、メソッドを幾つか紹介しておきます。

  • buildSgf() sgf取得
  • doFirst() 最初へ
  • doLast() 最後へ
  • doNext() 次へ
  • doPred() 前へ
  • do10Next() 10手進む
  • do10Pred() 10手戻る
  • doPass() パス

サンプルはこちら