月と蟹

月と蟹

月と蟹

直木賞作品です。

後半は結構怖かったですが、読後感はなかなかよかったです。

「光媒の花」の方が取っつきやすいかもしれません。